ふようってなんなの?

 

「扶養(ふよう)」・・・それは、「やしなうこと」。

「扶養される」ということは、つまり「誰かにやしなってもらっているということです。

税金、健康保険、年金とか、むずかしそーなお金の話にはよく出てくる言葉ですよね。

家族だったり、近所のお友達、職場の先輩。

「ふようじゃなからにゃ、○○○ってよぉ~」なんて耳にしたことありませんか?

 

どうなったら「ふよう」なのでしょう?

「ふよう」であることで、どんなことをしてもらえるんでしょう?

「ふよう」だと、損することはない?

 

税金、健康保険、年金・・・それぞれで「やしなってもらっている人」と認めてもらうための条件があります。

その条件をクリアしていなければ、「やしなってもらっている人」としての権利や給付を受けることはできません。

しかも「だいたいOK!」では、認めてもらえません。

○○円未満、○○円以上、○○日以内・・・の境界線はきっちりクリアしていないとなかなか「やしなってもらっている人」にはなれないのです。

 

それぞれの制度での「ふよう」について条件などをくわしくお話します。

 

所得税・源泉所得税

住民税(市県民税)

健康保険・国民年金

 

 

こっちも読みたい!!