失業給付ってどうやってもらうの?

 

今のお仕事を退職したら、もらうかもしれない「失業保険(雇用保険・失業給付)。

でも・・・どうやってもらうの?こんな場合はどうしよう?

転職を考えているけど、退職後の収入をどうしようと悩むママ。妊娠をきっかけに退職を考えているママ。突然の解雇や倒産にアタフタするママ。

そんなママたちのために!失業保険のあんなことや、こんなことを社会保険労務士の「のり先生(齋藤紀仁さん)」に聞いてきました。

 

毎月お給料から「雇用保険料」を引かれているのは、何のためなんですか?

のり先生「雇用保険」は、お給料の0.5%を失業した時に再就職までの収入を安定させるために支払う保険です。

お給料を支払う会社が、従業員さんのお給料から引いて、従業員さんの代わりに支払っているんです。

会社はお給料をもらう人よりも多い保険料を支払っていて、集まった雇用保険料は失業した人へのお金だけではなく、教育訓練や育児・介護休暇の人への手当、会社への助成金などにも使われています。

 

失業保険はどんな人がもらえて、どんな人がもらえないの?

のり先生2週20時間以上のお仕事を31日以上続ける人は「雇用保険」に入ることになります。

この雇用保険に入っていることが、一番の条件です。

入っている人は給与明細を見ると「雇用保険料」が引かれているはずですよ。

 

 

失業給付をもらうためには条件があります。

・自己都合や倒産、解雇、定年により退職した人
・就職する意思と能力があり、すぐにでも働ける人
・退職日より前の2年間、月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある人(途中で転職していてもOK)

上の3つ、すべてに該当する人がもらえます。

正社員じゃなくても、パートや派遣社員の方でも該当していればもらえますよ。

ただし、以下の場合はもらえません。

・大学院や専修学校などに通学していて、就職できないとき
・就職がすでに内定しているとき・自営業を始めたとき(手伝いも含む)
・会社、団体、組織の役員になったとき
・就職活動をしないとき

 

手続きに必要なものには、どんなものがありますか?

のり先生退職日を過ぎてから、雇用保険被保険者証、退職した会社にもらった離職票1と2を持って、最寄りのハローワークへ行って、求職の申し込みをしてください。

他にも写真(横2.5cm×縦3cm)、身分証明書、預金口座の番号がわかるもの、認め印が必要です。

退職した会社から離職票がもらえないと、手続きが進められません。

退職時に郵送で届くのか、取りに来たほうがいいのかを前もって会社と話し合っておくと安心ですね。

もしもなかなかもらえない場合は、退職した会社へ連絡するか、ハローワークへ相談してください。

受け取った離職票にはこれまでの給与や勤怠、退職理由が書かれていますので、正しいかどうかをしっかり確認してくださいね。

 

離職票1

離職票1

離職票2

離職票2

※クリックすると拡大表示

待期期間って何ですか?

のり先生2求職の申し込みから7日間を「待期期間」といい、この期間は失業していることが給付を受けるためには必要です。

その後、自己都合で退職した方は3ヶ月の「給付制限」があり、その期間はお金がもらえません。

倒産や解雇、契約期間満了で退職をされた方の他にも、公共職業訓練を受ける方、辞めたくなかったけど退職することになってしまった方(特定理由離職者)には給付制限がありません。

仕事を辞めたくなかったけど、退職することになってしまった方(特定理由離職者)は、例えば結婚やダンナさんの転勤などで引っ越した方、保育所などに子どもを預けることができなくなった方、自身の病気や家族の介護で退職となった方などです。

離職票に書いてなくても、求職の申し込み時にハローワークに相談してみてください。

 

病気やケガ、妊娠が理由で退職した時は、すぐに就職できませんよね?

のり先生この失業給付は積極的に就職する意思のある方がもらうお金なので、すぐに就職できない方はもらえないことになっていて、このお金をもらえるのは退職日の翌日から1年間だけです。

しかし、病気やケガ、妊娠されている方は、「受給期間の延長」をすると、最大3年間は延長することができるので、退職日の翌日から1か月以内に手続きを行ってください。

未就学の子どもや家族の看護が必要な方、定年後にちょっとだけ休業したい方も延長することができます。

 

もし、給付制限中や失業手当をもらっている間に就職したらどうなるの?

のり先生2「再就職手当」があります。

これは、早く再就職できるほど、もらえるお金が多くなる手当です。

自己都合ではない退職だった場合は、待期期間7日間を過ぎて、失業給付をもらえる日数が1/3以上残っていれば再就職手当がもらえます。

自己都合での退職だった場合は、待期期間7日間を過ぎた後、ハローワークや職業紹介所からの就職で失業給付をもらえる日数が1/3以上残っていればもらえて、待期期間7日間と給付制限2か月目以降であれば、知人の紹介やご自身で探した仕事での再就職でも、失業給付をもらえる日数が1/3以上残っていれば再就職手当がもらえます。

失業給付をもらえる日数が1/3残っている場合は、もらうはずだったお金の50%を、2/3残っている場合はもらうはずだったお金の60%をもらえます。

再就職手当の他にも「就業促進定着手当」や「就業手当」など、仕事が決まったらもらえる手当もありますので、就職が決まったらハローワークへ尋ねてみましょう。

 

再就職手当1

再就職手当2

※給付制限のある方は、給付制限開始後1ヶ月間の就職はハローワークや職業紹介事業者の紹介による就職の場合のみが再就職手当の対象です。給付制限開始後2ヶ月目以降と失業給付開始後は就職の経路は問いません。

※再就職手当の金額は基本手当日額×支給残日数×60%または50%です。基本手当日額は、説明会のときに渡される雇用保険受給資格者証に書いてあるので確認してください。

※再就職手当の基本手当日額には上限があります。

 

「認定日」って何をするの?

のり先生求職の申し込み後10日くらいに説明会があり、その時に第1回の失業認定日が指定されます。

失業認定日には、「失業認定申請書」に就職活動実績を書いて提出し、認定されれば次の失業認定日と失業給付の振込予定日を教えてもらえます。

就職活動実績には、ハローワークのパソコンで求人情報を検索して窓口で相談・応募すること、就職面接や試験を受けること、特定団体の説明会やセミナーへの出席、再就職のための資格試験の受験などがあります。

「これは実績に入るの?」と迷ったら、ハローワークに尋ねてみましょう。電話でもできますよ。

そして、認定日はハローワークの指定日とされていて、簡単に日程の変更はできませんし、代理の人では認められません。

ケガや病気で行けなかったとしても、理由によっては証明書を求められることもあります。

お子さんと一緒でも認定を受けることはできますので、忘れずに認定日にはハローワークへ行きましょう。

 

失業保険をもらいながら、コソッと仕事をしたらバレますか?

のり先生失業している間は、どうしても収入が減ってしまいますのでお仕事をされたい方もいらっしゃると思います。

もし、短期間でもお仕事をされたなら、認定日に報告をしてください。

1日4時間以上のお仕事であれば、その日の分は支給されず先送りになるだけで、もらえなくなるわけではありません。

短時間(1日4時間未満で週20時間未満)のお仕事では、その日の収入によって全額もらえたり、減額されたりすることもあります。

ただし、週20時間以上で、1年以上続くお仕事であれば就職したとみなされて、失業給付はストップします。(退職すれば再開します。)

お金がもらえなくなるのがイヤだから報告しない!となると、バレたときが大変です。

それまでにもらった分の全額と、罰としてその2倍、つまりもらったお金の3倍を支払うことになります。

例えば、週20時間以上のお仕事に就職していたとすれば、新しい会社で雇用保険に入ることになりますので、バレちゃいますよね。

単発のお仕事であれば、その日にもらうはずだったお金が後まわしになるだけで、長期のお仕事に就職できれば手当がもらえることもありますので、正直に申告してください。

 

☆ADVISOR☆
社会保険労務士
齋藤 紀仁さん

 

 

 

こっちも読みたい!!