ママが手をつなぐ

 

ママのケア

 

学校や保育園ではもちろん、メディアでも「子どものケア」についての話はよく聞きますよね。

もちろん、子どもはわからないことがたくさんある中で「怖い」「淋しい」「いつもと違う」と感じて、泣いたり、反抗的になったり。

子どもの話を聞くこと、「大丈夫だよ」と抱きしめてあげることは、とても大事です。

 

では、大人であるママは何ともない??

 

いいえ。

ママだって人間ですから。

恐怖だって、不安だって、もちろんあります。

そのくらい、この大震災は誰にでも大きな影響を与えることなのです。

ですから

「こんなんじゃママとしてダメだ。」

「私が弱いからこんな気持ち、体がこんな状態になるのよ。」

「早く元の私に戻らなきゃいけない!」

なんて、思わないでくださいね。

 

心と体に変化が起こるのは、大人でも子どもでも誰にでも起こることで、いわゆる「ふつう」です。

子どもや家族のケアをする「ママのケア」もとても大事なのです。

だからこそ、家族みんなでケアし合い、支えあい、乗り越えましょう。

 

震災後には、一般的にこのような変化が見られます。

○イライラする、怒りっぽい

○とにかく怖い、胸がドキドキする

○大震災の瞬間のことを思い出す

○そわそわ、いつも急いでいる

○悲しい、さびしい気持ちがある

○眠れない、すぐに起きる

○何もおもしろくないし、つまらない

○ちょっとして音や光に敏感になる

○食欲が無い

○予定日になっても生理がこない

○この先どうしようかと不安になる

○疲れが取れず、体が重い

○やらなきゃいけないことはわかっていても、体が動かない

○頭痛、腹痛、吐き気、下痢・便秘、動悸など

 

上のような変化は、よく見られるものです。

人によって「いつもそう」「たまに」「それはない」があるはずです。

このような変化はだんだんと減っていきます。

そのペースは、人それぞれ。

つまり、今見られる変化がずっと続くわけではありません。

時間が解決してくれるものがほとんどです。

だって、今の状況・環境が変わらないことはありませんから。

 

しかし、なかなかその変化が減らずに長く続く場合、頭痛や腹痛、おう吐や不眠などで悩む場合などは相談してみましょう。

ママの笑顔が戻ることも、家族にとっては「元の生活」の大事な一部です。

一人であれこれ考えたり、調べたりするよりも、専門家にママ自身を知ってもらうことで、より良い答えが見つかるかもしれませんから。

 

避難所に保健師の方が巡回しています。また、以下の機関でも相談を受け付けています。

 

☆熊本市こころの健康センター(熊本市の方)
TEL:096-362-8100
※月~金曜日 9:00~16:00

 

☆こころの健康相談電話(熊本市外の方)
TEL:096-386-1166
※月~金曜日 9:00~16:00

 

☆心の緊急電話相談(日本精神衛生学会)
TEL:0120-111-916
※平成28年5月31日まで 14:00~20:00

 

 

こっちも読みたい!!