ふようってなんなの?

 

健康保険・国民年金

※扶養者を夫、被扶養者を妻と仮定します。

 

次に健康保険(健康保険証のこと、です)、年金の「ふよう」についてです。

ダンナさんがお勤め先で社会保険に加入していて、あなたが養われている人なら、あなたの健康保険証の上のほうに「被扶養者」って書いてありませんか?

「ふよう」と認めてもらうための条件は、所得税や住民税とはちがいます。

 

「ふよう」になる条件は(全国健康保険協会の場合)

①ダンナさんの父母・祖父母・曾祖父母、奥さん、子、孫、弟妹(兄姉はNG)で、ダンナさんに養ってもらっている人(同居じゃなくてもOK!婚姻届を提出していない事実婚でもOK!)

②①以外で、同居しているダンナさんの兄姉、伯父母、奥さんの父母、祖父母など)で、ダンナさんに養ってもらっている人(別居はNG!婚姻届を提出していない事実婚はOK!)

 

①または②の中で、下記の条件を満たす人が「ふよう」になることができます。

・後期高齢者医療制度の保険証を持っていないこと

・「ふよう」になる人の年間収入が、60歳未満なら130万円未満、60歳以上か一定の障がい者なら180万円未満であること

・「ふよう」になる人の年間収入が、ダンナさんの半分より少ないこと

・ダンナさんと別居の場合は、「ふよう」になる人の年間収入がダンナさんにもらう金額より少ないこと

 

※年間収入は、その年一年間の累計額ではなく、これから先1年間の見込み額です。

つまり、ダンナさんの年収が150万円、奥さんの年収が80万円の場合、ダンナさんの半分より多い収入があるので、奥さんの年間収入が130万円未満でも「ふよう」にはなれないということです。

別居の場合は、例えば別居しているダンナさんのお母さんが年金を月に10万円もらって、年間収入120万円だったとしたら、月に10万円以上の仕送りをしていれば「ふよう」になれます。

※上記の条件は全国健康保険協会の場合です。各健康保険組合・共済により条件は異なります。

 

では、健康保険の「ふよう」になると、どんないいことがあるのでしょう?

 

ダンナさんが健康保険と同時に厚生年金または共済年金にも加入していれば、奥さんの国民年金保険料がかかりません。

国民年金保険料を払う必要はありませんが、将来年金をもらうときにはダンナさんと同じ金額で計算します。(「被扶養者」である期間のみが対象です。国民年金のみで厚生年金・共済年金は加算されません。)

これは奥さんだけが受けられる制度で、子供や父母ではできません。

また、社会保険では「ふよう」が何人いてもダンナさんの健康保険料は変わりません。

病院に入院・通院が多くて病院代が多くかかったときの「高額療養費」、出産のときにもらえる「出産一時金」、家族が亡くなった時の「家族埋葬料」などのお金がもらえたり、戻ってきたりします。

もらえるお金や戻ってくるお金にはいくつか種類がありますが、中にはダンナさんだけしか受けられないものもあります。

 

「ふよう」であるためには、条件の収入範囲内でいることが必要です。

もし、時給や月給が上がってこの先1年間は年間収入130万円を超えてしまうことがわかった時点で、「ふよう」からは外れて自分自身が社会保険に加入するか、国民健康保険へ加入することになります。

どちらにしても新たに保険料が発生します。

しかし、「ふよう」から外れて自分の健康保険に入ることで、厚生年金にも加入する場合には、将来もらえる年金額が増える、けがや病気で仕事ができなかった期間にお金がもらえる「傷病手当金」、出産で仕事をお休みした期間にお金がもらえる「出産手当金」など、健康保険に入った人だけが受けられるお金を受け取ることができます。

 

では、「国民健康保険は??」

市町村が運営する「国民健康保険」には「ふよう」の制度がありません。

つまり国民健康保険には「ふようになる」がないのです。

大人でも赤ちゃんでも、家族が増えればその分1人1人に保険料が発生し、社会保険だったらもらえるお金が国民健康保険にはなかったり。

お勤め先で社会保険に加入できない場合は、一般的に国民健康保険に加入することになります。

 

→ 所得税・源泉所得税について

→ 住民税(市県民税)について

 

こっちも読みたい!!