シングルマザーのあなたへ

 

寡婦(かふ)控除

 

条件を満たすシングルマザーの所得税・住民税を減らすことのできる「寡婦(かふ)控除」です。(シングルファザーでもOK)

お給料をもらっている人なら、毎年年末調整をしてその年の所得税・翌年の住民税が決まります。

やるべきことは、その時会社へ提出する年末調整の紙、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の区分Cにある「2・寡婦」または「3・特別の寡婦」に○を付けて提出するだけです。(会社に証明する書類を出すように言われたら、応じてくださいね。)

 

では、その条件は? 以下、どれかに当てはまることが「寡婦」の条件です。

 

・離婚後に結婚していない人で、誰かを養っている人(子どもでも、大人でも、ママの親や兄弟姉妹でも)がいること。

・ダンナさんが亡くなった後(死別)に結婚していない人で、誰かを養っている人(子どもでも、大人でも、ママの親や兄弟姉妹でも)がいること。

・ダンナさんの生死が明らかではない一定の人で、誰かを養っている人(子どもでも、大人でも、ママの親や兄弟姉妹でも)がいること。

・離婚や死別、ダンナさんの生死が明らかではない一定の人で、合計所得金額が500万円以下であること。誰かを養っていなくてもOKです。

 

そして、↑のどれかに当てはまり、さらに以下のすべてに当てはまる場合は「特別の寡婦」です。

・合計所得金額が38万円以下の子を養う人(子の年齢は関係ありませんが、ママの親や兄弟姉妹は含まれません)

・ママの合計所得金額が500万円以下

養われている人(子どもやママの親、兄弟姉妹など)は、総所得が38万円以下で、他の誰の「扶養親族」になっていない場合に限られます。

 

つまり、子どもが何歳になっても、子どもの総所得金額が38万円以下でママが養っているなら、ママは寡婦控除を受けることができます。

また、誰の「扶養親族」にもなっていない場合に限られますので、年末調整の紙や確定申告の紙にその子(または家族)の名前を書けるのはママだけ。

ママもその子の名前を書いて、元ダンナも養育費を払っているからその子の名前を書いて・・・と2人とも書くことはできません。

書けるのは「養っている人」1人だけです。

 

たとえば・・・

ママは小学生と中学生の子ども2人を引き取って離婚。ママの所得は500万円以下。 → ママは「特別の寡婦」

ママが離婚した数年後、子どもは大人になって親元を離れた。ママの所得は500万円以下。 → ママは「寡婦」

ママは離婚後新しく出会った人と再婚。ママの所得は500万円以下。 → どの条件も満たせない

 

では、「寡婦」や「特別の寡婦」だと、どんなことをしてもらえるのか?

 

「寡婦」の場合、控除できる金額は27万円「特別の寡婦」の場合、控除できる金額は35万円 です。

これはですね、27万円や35万円がもらえるわけじゃないんです。

ママの所得税を計算するときに、27万円×税率や35万円×税率分、所得税が減りますよってことなんです。

 

たとえば・・・給与からの年収が180万円だった「特別の寡婦」のママなら、所得税が35万円×税率5%=17,500円減ります。

でもこれでも、17,500円がもらえるわけではなく、年末調整によってお金が戻ってくる(還付)によるものです。

確定申告の場合も、寡婦控除のある場合とない場合で同じ税率5%であれば、納めるべき所得税が17,500円減ります。

この税率5%は、年収からではなく給与所得控除や社会保険料控除、生命保険料控除などなどによって計算する「課税所得金額」で判断するもの。

なので、同じ年収でも人によっては5%の人もいれば10%の人もいます。

 

この「課税所得金額」が1,800万円を超えると、税率は40%にっ!!(寡婦控除は受けられないですけどね・・・。)

「課税所得金額」は、源泉徴収票の4つならんだ金額の箱のうち左から2番目の「給与所得控除後の金額」-(マイナス)左から3番目の「所得控除の額の合計額」を計算したものです。

→ 「源泉徴収票の見本」 (課税所得金額はブルーからグリーンを引いた金額です)

この金額が195万円以下であれば、税率は5%です。

195万円を超えて、330万円以下であれば、税率は10%です。(控除額97,500円)

330万円を超えて、695万円以下であれば、税率は20%です。(控除額27,500円)

 

条件を満たすのであれば、年末調整の紙(給与所得者の扶養控除等(異動)申告書)には、必ず○印を付けてくださいね。

 

 

こっちも読みたい!!