ZOOMの使い方

コロナ禍(か)の影響で大人も子どももリモートでのやりとりが急にグーンと増えています。
学生の子どもたちのほうがデビューは早かったママもいらっしゃることでしょう。
もちろん今後はママもリモート会議用アプリ・ZOOM(ズーム)を使う必要がある場面があるかもしれません。

そのためにも!ZOOMの基本的な操作方法を覚えておきましょう。
今さら聞けないことはここで覚えて、「あ、ZOOMでやる?あーはいはい、大丈夫―♪」とサラッと言えると、カッコイイ☆

1..っていうか、ZOOMって何なの?

ZOOM(ズーム)とは、離れたところにいる何人かの人と会議をするために、インターネットを使ってパソコンやスマホなどの画面上でお話しできるアプリです。
会議の他にも、セミナーや面接、飲み会に使われることも。

2. 何から始めればいいの?

スマホでZOOMを使う場合は、アプリをインストールすることから始めましょう。
GooglePlayまたはapp storeで「ZOOM Cloud Meetings」をダウンロード&インストールしてください。
登録にはメールアドレスが必要で、登録の途中でそのメールアドレスにメールが届き、届いたメールにあるボタンを押して、登録を進めてくださいね。
パソコンの場合は、インストールしなくても、招待された会議やイベントに参加することができます。

3.招待メールが届いた!どうすればいい?

スマホの場合、届いたURLを押すと、勝手にZOOMアプリが出てきます。
カメラやマイクの使用許可は許可を、オーディオはインターネットを使用した通話(経由して呼び出し)を選択してくださいね。

4. URLではなく、部屋番号(9~11ケタの番号)とパスコード(パスワード)が届いたら?

ZOOMアプリの「参加(+)」のボタンから始めます。
ミーティングIDが部屋番号(9~11ケタの番号)です。
その後、「ミーティングパスコード」を聞かれますので、パスコード(パスワード)を入力すればOKです。

5. ビデオオフ・・?、ミュート・・?何のこと?

ビデオオフとは、カメラを停止して、お顔を見えないようにすることです。
ビデオオフにすると、お顔の代わりに設定した名前または画像(アイコン)が表示され、ビデオを開始すると、お顔の表示が復活します。
ミュートはマイクを停止して、自分の声が聞こえないようにすることです。
自分がしゃべらない時間も、ミュートにすることで部屋の雑音や家族との会話をZOOMに参加している人には聞こえないように設定できます。

パソコンの場合は常にビデオ(カメラ)のボタンやミュート(マイク)のボタンが出ています。もしも出ていないときは、マウスのカーソル(矢印)を画面の下のほうでウロウロさせると出てきます。

スマホの場合は、画面のどこかを押すとボタンが表示されますので、何も表示されていないときは、画面のどこかをトントンとさわってみてくださいね。

6. ブレイクアウトセッション???なんか壊すの?

壊しません!!全体の参加者を小さなグループに分けて、小部屋に移動してお話しすることです。
小部屋への移動も大部屋に戻るのも、ホスト(主催者)が操作をしてくれますので、参加する人は「参加する」とボタンを押すだけ。
ブレイクアウトルーム(小部屋)の終了は基本的にはホスト(主催者)の操作におまかせでいいのですが、もし自分から出たくなったら、「退出」ボタンから出ることもできます。

7.これって、これって、ネット代が高くなるんじゃないの???

家にWi-Fiが通っていれば、さほど気にしなくてもいいと思います。
がしかし、携帯電話のネット回線を使うときは、気を付けたほうがいいかもしれませんね。
もしかしたら、通信速度に制限が入るかも。
目安としては・・スマホでZOOMを1時間したときの通信料はおよそ400~500MB。
もしも2GBから通信速度に制限が入る契約パックだった場合、だいたい4,5時間使用すると、制限が入ることになりますね。
ちなみにYoutubeは低画質の場合は1時間でおよそ100~200MB、高画質の場合は1時間でおよそ1GBです。

なんさま、カタカナの言葉が多いー!!
操作方法は使いながら、少しずつ慣れていきましょ。
それに、わからないときに質問すると、「画面のここを押して、こうするんだよ」とわかりやすく教えてもらえるのも、ZOOMのいいところ!

遠いところにいる人と話ができる!
交通費がかからない!
お化粧もお着替えも、そこそこのやつで大丈夫!
ほらね、いいことがいっぱいでしょ?

こっちも読みたい!!